hand made ケセラセラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

MYSTERY!

毛皮のロングコートに、コンバース風のスニーカー ジャラジャラアクセサリーをつけた
この気難しそうなオジサン、御存じでしょうか

gorey.jpg

私が大好きな絵本作家(?)イラストレーター(??)ミステリー作家(???)の
エドワード ゴーリーです(1925年~2000年)
執拗な細か~な線でページを埋めていく
少ない文章がなんだか深い意味を残していくようです・・

↓こちらはThe Blue Aspicという作品から
すんごい静かな迫力ですね ちなみに私はまだ読んだことはありませんが・・

blue aspic


日本語に訳された絵本も発売されてます

book.jpg



不幸な子供 (The Helpless Child)
うろんな客 (The Doubtful Gest)
優雅に叱責する自転車(The Epiplectic Bicycle)
おぞましい二人 (The Loathsome Couple) などなど・・・
タイトルも凄く面白いですよね
 
しかし、あまりにも残酷なお話のため、発売当時は非難続出、返品の山だった作品もあるとか




















わたしは、なんの意味の押しつけなどせず、淡々と物語を書いて行く彼の作品が好きです
読み終わった後に一人奇妙な空間に取り残されてしまったような そんな気分になることでしょう

gorey cat

そんなおっかなーいお話を書くエドワードさん、猫が大好きだったそうで、
作品にも多く登場してます

大好きな猫だけは、作品の中で怖い目にあわないらしいのです(^^)

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。